スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローフード

最近また、一冊の本を買いました。
石塚ともさんの「ローフード 私をキレイにした不思議な食べ物」というものです。

今まではほとんど自己流でローフードの生活を送っていましたが、ちょっと行き詰まってしまって。。
というのは、私一人だったら切って盛るだけの野菜料理でかまわないんだけど、”料理”としてはイマイチ。
もっと家族を巻き込みたいので(笑)もう少しちゃんとしたいなと思ったんです。

そこで日本でも参考にできそうなレシピの本を探していると、なんとなくいろんな方向から入ってきたのがこちら↓でした。

ローフード  私をキレイにした不思議な食べものローフード 私をキレイにした不思議な食べもの
(2008/11/23)
石塚とも

商品詳細を見る



ちなみに、少し前に「天使の料理」という本も購入していましたが、本当にパラっと見ていただけでした^^;
写真がないのと発芽や乾燥等の手間(先入観)それに道具や材料の不足で、やる前から難しくてできないと思い込んでしまっていたみたいです。

でも、石塚さんの本を読んである程度実践した後に読むと、すごく参考になります。

天使の料理―心と体をスピリチュアルにするロー・リビングフード天使の料理―心と体をスピリチュアルにするロー・リビングフード
(2007/12)
シェリー ソリア

商品詳細を見る



産後100%ローフードの生活を送る為にも、今からある程度作れるようになっておかなくちゃ☆

スポンサーサイト

体も心も環境も全て同じもの

最近本を買いました。

アチューンメントを休止してから急に体調を崩して、いろいろな事をちょっと無理していたのに気が付いたので、少し自分自身の事を見直そうかなと。

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)
(2002/04)
カレン・キングストン

商品詳細を見る


だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命
(2002/03)
松田 麻美子

商品詳細を見る



「超健康革命」は以前から気になってはいたものの、だいたい内容がわかるし(たぶん甲田先生と同じような内容じゃないかな、と。)元々フィットフォーライフを読んでいたし購入していなかったんです。
でも出産まであと3ヶ月を切った今、もう一度果食に戻ろうと考えて、日本人の食生活をベースにした”ローフード”の生活を勉強し直してみようと思って読んでみることにしました。

「ガラクタを捨てれば~」は、もっと精神的にと風水的に”スペースクリアリング”というものを知りたかったからでしょうか。

どちらも結局、今まで生活の基準にしていた事とほとんど同じだったのですが、本を読む事によって今まで以上に自分の中でしっかりと確立できたような気がします。

目指してはいたけれど曖昧だった目標が、明確になった感じかな。


よし、曖昧だった故に中途半端になっていた事を出産までにきちんと整理しよう。
なんてやる気も出てきちゃったりして。

もちろん「無理」をするワケでも「頑張る」ワケでもなくて、やりたい事・心地いい事をするつもり。
もし「何か嫌だな」と思ったらひとまずやめます。でも「面倒くさいな~」は無視、ただの怠慢ですからねw

まずは。。ちょうど息子が水疱瘡にかかって3日ほど前からお休みしているので、2人でお片づけしようと思います(*´m`)

高次元の国日本 を読んで

私は日本人が特別だとかスピリチュアル的に高い次元とは、よくわからないし個人的には思わないけれど、今この地球に、そして日本に生まれてきた意味はあるのだと思っています。

高次元の国日本高次元の国日本
(2008/02)
飽本 一裕

商品詳細を見る


この本にも書かれていますが、江戸時代は当たり前にエコロジーな生活だったみたいですね。
全てのものを大切にして、過分なものは持たず、恥を知り、己を戒め、奉仕して。。もちろん現代からみると「えっ?」と思うこともあったかもしれないけれど、精神的にも肉体的にも、少なくとも今の私よりずっと波動が高かったのだと想像します。

そんな先祖の教えは、なぜ私達に伝わっていないのでしょうか。
開国したから?戦争によって文化(精神)を破壊されたから?

確かに、それは大きな試練として日本人に与えられたのかもしれません。

私は戦争にはもちろん反対ですが、過去に起きた戦争に関しては、その時その時代に生きた人々(私達の祖先・特に日本を治めている立場の人間)が、私利私欲のために国民を犠牲にしておこしたとも思っていません。むしろ国のために、国民を守るためにやらざるを得なかった最後の手段だったのだと思います。

だからといってどこかの国を責めるとか恨むとかいう気持ちは、戦争を知らない私が持つはずも持てるはずもなく。。私の祖母はまだ少し持っていたようですが。

世代を超えて忘れるべきこと(戦争による辛い感情)を忘れられたのだから、忘れてはいけないことを今思い出すべきですよね。
私達には、乗り越えられない試練は与えられません。


土地もお金もそれ以上持って何になるの?
目の色を変えて争奪しているその資源は、本当に必要なのでしょうか?

もしまだ人間が進化という成長をしているのなら、そろそろ力を誇示せずお互い協力するという(外交)手段を選ぶべきです。
相手を傷つけても、貶めても、誰も何も得をしないとみんな本当は知っているのだから。

せっかく素晴らしい文化のあるこの日本に産まれてきたんだもの。
古い文化・習慣に固執せず、古い文化・習慣を尊び、言い訳を探さなければ保てない考えに惑わされずに、自分が正しいと思った道へ、楽しくてわくわくする「私達の進むべき道」を選んで歩んでいきたいです。

そして子供達にもしあわせな未来を生きて欲しい。
場当たり的な教えや大人の体面の為の方針はすぐにやめて、本当にもっと心から子供達のことを考えて導いていければ。。
自分の子供達だけではなく、地域の子供達、日本の子供達、世界の子供達の為にともっともっと感覚を広げていけば、地球の未来を考えられるようになれば。。。


小さい頃、疑わずに言っていたお祈りの言葉を、今また疑わずに言いたいと思います。

「世界中の人が幸せになりますように」





” 私は、私たちの祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。
 国民の皆さんは、子は親に孝義を尽くし、兄妹・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じあい、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な市民の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。
 このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであるとともに、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国へ行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、これら祖先の遺訓を胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。”

 -明治天皇『教育勅語』

宇宙全史

少し前の5月1日、『宇宙全史1』が届きました。

IMG_1563.jpg
宇宙全史 1 地球全史篇 (1)

この本を知ったのは4/26ごろだったかな?ちょうどステッパーのお供に読む本が無くなった所だったので注文したんです。
実はあまり情報収集もしてなくて公開されていた目次さえ見ずに読みはじめたんですが。。いや~、すごい内容でしたよ(*´ェ`*)

恐竜の姿や銀河系が出来た時の様子、それに知られざる人類の誕生の秘密など驚きの内容が収められていました。


(以下、サイトから一部抜粋)

そこにはこれまで人類史上明かされたことのない膨大な秘密の情報がほぼ無制限で提示されています。ですからこの本は市販できないかもしれません。
実際に気づき(覚醒)の可能性のある方たちのためだけに書かれた本なので、かなり厳しい内容になっているからです。

人類86パーセントは現在いかんともしがたい状況にあります。
彼らがこの本を読んでしまうとほぼ絶望してしまう内容になっているため、それは避けなければならないようです。


《詳しくはこちら↓》
http://www.mandarake.co.jp/publish/lemuria/earth.html


面白かった(´ー`●)
かなり衝動買いでしたが、買って良かったです。

私の読書法

(前回も書きましたが)私の趣味は読書です。
といっても、乳幼児3人のお世話をしながら本を読む時間を作るのってたいていとても大変ですよね。
でもね、実は乳児がいるから1日に何回か本を開く事が出来るんです。

なぜなら。。私の読書タイム=授乳タイムだから(笑
最近では娘が本とクッションを持ってねだりにくるようになりましたww
座りながらでも寝ながらでも、少なくとも2~3ページは読めるんです♪

あとは”ちょっと読み”の方法も使って、例えば『大いなる秘密(上)』は授乳時、『ベジタリアンの文化史』は家事・料理の合間(お湯が沸くまでとか)、『ひふみ神示』は夜寝る前に子供達にも読んであげるつもりで。。こんな風に読むタイミングを分けて何冊か平行して読んでいます。

で、今読んでいるこの3冊。
先にベジタリアンの文化史を半分くらい読んだところで大いなる秘密を読み始め、その後ひふみ神示を朗読することにしたんですが、バラバラなようで実は意外と繋がっていました。
『大いなる~』の中でシェリーの話や歴史的な事など『ベジタリアンの~』を先に読んでいたから理解できた事もあったり、『大いなる~』のその秘密こそ『ひふみ神示』の中のイシヤの話だったり。

今この本を手に取ったという事にも、もしかしたらその順番にさえ何か意味があったのかもしれませんね。


..。・:*:・。,☆゚'

今日、友人に精神世界の本の読み方のサイトを教えてもらったので参考までに。。

《 精神世界の本を読む時の注意点 》
http://www.h4.dion.ne.jp/~mf124/sub%206%20sinnka.html#6
無料アチューンメント
有料アチューンメントは→こちら ただ今休止中です
ランキング
ランキンクに登録しました☆
↓クリックお願いします(*^▽^人↓
 
ランキングバナー

精神世界

*。+oOo+。*。+oOo+。*。+oOo+。*

いつもクリックをありがとう♪♪

ランキングに登録したのは無料アチューンメントなどをたくさんの方とシェアしたいと思ったから。
それにとても励みになります^^

*。+oOo+。*。+oOo+。*。+oOo+。*
カウンター
オンライン:
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも一覧

■ ブログ名:as drop

■ ブログ名:黄昏の空、楡の木蔭 闇の花園
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あしあと
左上のあし@ボタンをクリック☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。