スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベジタリアンの文化誌より

曾つてわれらの師父たちは乏しいながら可成楽しく生きていた
そこには芸術も宗教もあった
いまわれらにはただ労働が 生存があるばかりである
 (中略)
いまやわれらは新たに正しき道を行き われらの美をば創らねばならぬ
芸術をもてあの灰色の労働を燃せ
ここにはわれら不断の潔く楽しい想像がある
都人よ 来つてわれらに交れ 世界よ 他意なきわれらを容れよ
 (中略)
・・・・・・おお朋だちよ いつしよに正しい力を併せ われらのすべての田園とわれらのすべての生活を一つの巨きな第四次元の芸術に創りあげようではないか・・・・・・

「農民芸術概論網要」
スポンサーサイト

肉食・・感謝を言い訳に使うでないぞ ―シルバーバーチャン

かくの如き表面つらしか語らぬ薄っぺらな話に耳を傾けてはいかんいかん。
 思慮浅き多くの地球人はこの程度の甘言に簡単に同意するぞ。
感謝=諸手を挙げて良い事、良い念という’イメージ’をキーワードとして転がして、我欲をひと塗りで違うもの、よいものに錯覚させるぞ。
錯覚する愚か者も愚か者だが、これもその魂のメグリだから止むを得んが、出来ることなら気づいて目を覚ませよ。
 ’感謝’とは言っているが、その実、「言い訳」「免罪符」に過ぎんぞ。
 本当の感謝ならば低い波動を打ち消すのは事実だが、感謝の覆いを纏ったに過ぎない言い訳の言葉、許して欲しい我れ善しの思いは所詮相手方ではなく‘自分に向かう思い’でしかないぞ。利他でないぞ、利己ぞ。
 我欲をほしいままにして置いて、’感謝’してやるから許せ、目をつぶれ、見逃せ、免罪符を与えよと言っているに過ぎんのぞ。どこまで行っても自分中心の我れ善し共ぞ。そこに利他はないぞ。常に利己、常に我田引水の理屈ぞ。
我が田に水を引くためには他の田は枯れてもお構いなしぞ。
その醜態、その下卑た心を覆い隠すに、
『感謝すれば他の田を枯らすは許されるぞ。』と申すか。片腹痛いわ。
 死肉を貪りたい、そのために動物を殺す、そして感謝すれば何もなかったことに・・まことに勝手な理屈ぞ。感謝を言い訳に使うでないぞ。
言い訳、我れ善しの念では低次の波動は消えん消えん。
それを消えると囁く者の背後に何がいるか推して知るべしぞ。
 ならば、「己の都合で抵抗する人を殺しておいて、あれは自分の目的を果たすためには仕方なかった。死んでくれたお蔭で目的を達成できた。
そして感謝すれば低い波動を消し去れる。」というのか。
 「己の都合で抵抗する動物を殺しておいて、あれは自分の目的(死肉の貪食)を果たすためには仕方なかった。死んでくれたお蔭で腹いっぱい死肉を喰えた。
感謝すれば低い波動を消し去れる。」というのか。
 愚昧で軽薄な思考ぞ。この手の者が平気で神だ愛だ慈悲だと口にする。
その我欲から紡ぎ出される薄っぺらな理屈を盾に、物分りのいい顔をして、死体を転がした下卑た舌を躍らせたその口から湧き出す美辞麗句は’神々しい’邪神に操られた甘言であるとは、己自身も気づかぬ傀儡の言ぞ。げに愚かしきは傀儡の自己陶酔ぞ。気の毒ぞ。

シルバーバーチャン http://silverbirchan.com/



瞑想がヨギをつくる

神を見いだすには、毎日、朝と晩、さらに日中のわずかな暇でもできるだけ利用して瞑想すべきです。さらに、一週間に一度、六時間の長い瞑想をすることも大切です。これは別に無理な話ではありません。毎日十時間ずつピアノの練習をして何とも思わない人は大勢います。

神と一体になった大師のようになるには、もっと多くの時間を神に捧げなければなりません。神の注意を引くには、われわれがほかのどんな物よりも神を愛していることを、神に納得させることが必要です。

瞑想に熟練して、超意識に入ることができるようになれば、睡眠は五時間で十分です。残りの夜は瞑想に当てなさい。夜と、早朝と、休日を瞑想に当てればよいのです。そうすれば忙しい西洋人でもヨギになれます。もちろん、私のように頭にターバンを巻いたり髪を伸ばしたりする必要はありません!

ー人間の永遠の探求(P.17~)より

✽✻ฺ✽**✽✻ฺ✽**✽✻ฺ✽**✽✻ฺ✽**✽✻ฺ✽**✽✻ฺ✽**✽✻ฺ✽

ヨギになるかならないかは別として。。

日々、できるだけ瞑想をするように心がける。
全くしないくらいなら少しの時間でもした方が良いけれど、できれば時間を作ってでも瞑想するべき。

苦行や修行など何か難しいことをする必要はなく、何よりもまず、自分の奥深くまで入り、魂を確認し、そして自分の内に神を求めることが大切。

そして、多くの精神世界の不安や疑問に対しての答えも、そのほとんどが瞑想によって自ら見つけることができるでしょう。

禁戒と勧戒

【すべきではないこと/禁戒(ヤーマ)】

・非暴力(アヒンサー)
身体の暴力、言葉の暴力、そして思いの暴力を相手に向けない。
思っているだけなら怒りを相手にぶつけてはいないのでは?と思うかもしれないけれど、そもそもその怒りの根底には相手とのコミュニケーションを否定する事。「相手を受け入れない」それだけでじゅうぶん相手に怒りをぶつけた事になる。
自分の心にある暴力の芽を分析して、原因を探ることで処理できる。

・誠実・正直(サティア)
嘘を付かない。
どんな些細な嘘でも出来るだけつかないようにする。
隠すことや言わないことも嘘をついたのと同じ。

・不盗(アスティア)
物を盗むのはもちろん、時間(遅刻など)や場所(優先席など)や信用(うわさ話など)、相手が何かを失う行為をしないこと。

・禁欲(ブラフマチャリア)
無駄遣いをしない。
性欲、食欲、物欲などのエネルギーの他にも、背筋を伸ばして内蔵に負担をかけないなど身体のエネルギーの無駄使いもしないように心がける。

・不貪(アパリグラハ)
貪らない。
もっと気持ち良くなりたい、もっと楽をしたい、もっとたくさん欲しいなど、中毒や依存症にならないようにする。
単純に清貧であればいいというわけではなく、ある事に過剰に向けられたそのエネルギーを有益な方向へシフトする。



【心がけるべきこと/勧戒(ニヤマ)】

・清浄(シャウチャー)
心身を清潔に保つ。
お風呂に入るなど身体の清潔を保つ事以上に、身体の内側の清浄(デトックス、暴飲暴食をしない、たくさん水を飲むなど)も大切にする。
身体を清潔する事によって清らかな精神状態を保たれる。

・知足(サントーシャ)
毎日をハッピーに過ごす。現状に満足する。
何にでも目や耳を傾けて感じ取り、この世に存在するありとあらゆる物がかけがえのない存在である事を知れば、幸せに過ごせる。

・苦行(タパス)
苦しい状況を、どうすれば受け入れる事が出来るか、ということを学ぶトレーニング。
苦痛を直視しながら、それを受け止めている身体をやさしく見守り受け入れる、自愛の感覚を培う。
単に身体を痛めつけるだけの苦行は無意味である。

・読誦(スヴァディアーヤ)
普段から心がける事や自分が目指す状態を、毎日くり返し読んで意味を理解し、声に出す事によって自分に言い聞かせる。
エネルギーを持ったマントラ(言霊)を口から放つ事で、実際に心をそのように調整する事が出来るようになる。

・祈念(イシュワラ・プラニダーナ)
感謝すること。
私たちは自分自身の力ではなく、実際には他人や他の生命、またはこれらを支えている精妙な力によって「生かされている」。
例えば、普段食べている料理はだれかが野菜を作り店に並べそれを買って調理した物で、その野菜も人が育てただけでなく野菜自身が一生懸命光合成と細胞分裂をくり返した末に出来たもの。そしてその料理を食べるのは自分でも、食べた料理を消化吸収してエネルギーに変えているのは内蔵だということ。
生かしてもらっている事に気付き、感謝する気持ちを持つ。
無料アチューンメント
有料アチューンメントは→こちら ただ今休止中です
ランキング
ランキンクに登録しました☆
↓クリックお願いします(*^▽^人↓
 
ランキングバナー

精神世界

*。+oOo+。*。+oOo+。*。+oOo+。*

いつもクリックをありがとう♪♪

ランキングに登録したのは無料アチューンメントなどをたくさんの方とシェアしたいと思ったから。
それにとても励みになります^^

*。+oOo+。*。+oOo+。*。+oOo+。*
カウンター
オンライン:
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも一覧

■ ブログ名:as drop

■ ブログ名:黄昏の空、楡の木蔭 闇の花園
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あしあと
左上のあし@ボタンをクリック☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。